2009年11月 のアーカイブ

おすすめっ!

2009年11月17日 火曜日

そしていよいよコレっ!!

★11/28 19:00開演 踊りに行くぜ!!豊岡公演
出演者:KENTARO!!、関かおり、森下真樹(ダンス)×宮嶋哉行(バイオリン)、森下真樹クリエーションWS作品

2年前の Dance×Music『スピー』を構成しなおし劇場バージョン。
本番の1週間前から豊岡に滞在し、クリエーション・ワークショップを行います。参加者が創った小作品もお楽しみに!!
KENTAROさんもいるし、豊岡公演は盛り上がりそうだなぁ・・・・。

★11/30 お誕生日 なんじゃかんじゃDE、、、、

そうそう、これをぜひみてください!!
WEB版ミニワークショップ 身体表現講座「巻き手話」

基本編→ http://www.youtube.com/watch?v=UZktaDgkUcU&feature=related

中級編→ http://www.youtube.com/watch?v=1HWtbENV9vo

応用編→ http://www.youtube.com/watch?v=tzOXqhPJXeU&NR=1

※写真はトルコネコ

秋の報告

2009年11月16日 月曜日

いつもお世話になっている方々、お元気でしょうか?
またまたかなり更新をさぼってしまいました。ごめんなさい。
マキバンバンは元気です。

先ずは大雑把にこの1ヶ月の報告を。

★10/12(体育の日) パフォーマンスキッズトーキョー
「パルテノン☆デビュタント野外編」
15:00~きらめきの池 特設野外ステージにて
構成・振付・出演:森下真樹 アシスタント・出演:入手杏奈 演奏・出演:森下愛(妹)
出演:小学校3~6年生の子どもたち

全 7回のワークショップで子どもたちとつくりました。インフルエンザが流行っていて、本番出演できなかった子どももいて残念でしたが、みんな精一杯やりまし た。300名ほどのお客様にお越しいただきました。ありがとうございました。晴れてよかった~真っ赤な絨毯の野外水上能舞台、最高に気持ちよかったです。 終演後、別れがつらいとしっかり者の4年生が涙→お母様も涙→つられて私も涙・・・・・

★10/17~25 トルコへ IDANCE Festivalにて山下残『It is written there』出演
1年半ぶりの再演。京都、福岡、ベルギーで上演し、トルコへ上陸。やっぱり65ページがプレッシャーでした。トルコ語難しくてなかなか覚えられませんでした。

トルコは大好きです。
私は絨毯もターコイズブルーも月も好きだから。
「ネコと凸凹坂とフリースタイルな男たちのまちトルコ・・・・・」

★10/30、31 マコトクラヴ『re・re・』公演出演せず、お手伝い。
久々の東京公演ということで気合入ってましたよ。12月スパイラルホールでの単独公演『re・re・re』へ向けての小作品(イナダ→ブリ)

★11/1~8 JCDN Dance×Music『スピー』上演 踊りに行くぜ!!舞鶴公演
2年前の作品の再演。ダンス:森下真樹×バイオリン:宮嶋哉行(saikou)

これは、年季の入った味のある赤レンガスペースにかな~り助けられました。
コンクリートにリノリウムも敷かず、照明もシンプルで、バイオリンの音も音響なしにアコースティックでやりました。傷だらけ、砂まみれになりました。観客の方もマスクは必需品でした。
全国からたくさんお越しいただきありがとうございました。
豊岡公演は、劇場スペースなのでまた違った味わいだと思います。豊岡もぜひたくさんの方々にお越しいただければ嬉しいです。

カニを食べそびれた・・・・・

★まつもと市民の芸術館へ 来年の「日本昔ばなしのダンス」のための下見&美少女図鑑(長野県版)の取材をうける・・・・ってことは12月創刊号に出るらしい。私で大丈夫なの?

★11/12~14 アサヒビールプレゼンツ 坂の上の雲ミュージアムナイトコンサート「島々を吹く風」
音楽×ダンス×映像のアンサンブル
11/13 坂の上の雲ミュージアムにて(心の故郷松山市)
演奏:港大尋(ギター、三線、ピアノ、打楽器)、多宇清成(ギター、三線)
映像:杉田このみ(映像作家) ダンス:森下真樹

100名招待のところ、800名近くの応募があったそうです。当日も広くないスペースにぎっしりお客さん。
お客さんを3方向から囲む、ザ・イケニエスタイル。音楽スペースとダンススペースと映像スペースに囲まれたお客様はあっち向いたり、こっち向いたり。

コ ンサートというだけあって、音楽メインでした。なので、こう言ったらアレですが、気楽にのびのびすることができました。私も歌いました。港さんの音楽はと ても素敵です。港さんの人を巻き込む力、説得力のある音楽と素敵がさりげない多宇さんに刺激をもらいました。また、映像の杉田さんはたくさん満月を撮って いて、満月フェチである私は大興奮でした。

巻き