2006年12月 のアーカイブ

物々交換

2006年12月22日 金曜日

面白くて不思議すぎる会に参加した。

サエキけんぞうさんと、物々交換ができておもしろかった。。。

サエキけんぞうさん最高に素敵なアルバム『ガトー・ロマンティーク』2625円と、
森下真樹による自作自演おすすめDVD『東京コシツ』2000円の

物々交換。

サエキさん、見てくれたんだろうか・・・・。

『ガ トー・ロマンティーク』→パリで生まれたライフスタイルショップ、キャトル・セゾンとサエキけんぞうによるフレンチポップス・コンピレーション第三弾。甘 く切ないピクチャー・ストーリー、心を潤す音楽の贈り物。パリで見た夢、甘美でロマンティークな物語、大人のためのスィーツ&メロディ・・・。

サエキけんぞうさんオフィシャルHP

http://www.saekingdom.com/

クリスマスW・S

2006年12月19日 火曜日

やっぱ、クリスマス、みなさん、忙しそうですね。

たくさんの人とお会いできるのを楽しみにしています。

<今日の夕食>
とんかつ

<今日の写真>
倉敷の美観地区にある備前焼はにわ?

4つ+α

2006年12月18日 月曜日

いま、4つ+αのクリエーション・稽古を平行してやっている。
ちょっとここまではいままでにない。。。

手前のものが終わらないとなかなか次に頭がいかない。
でも、そこをなんとか、先、先、先、先延ばし。いや、それじゃ、いかん。いかん。行かん。いや違う。

ああああああああああああああああああああああああああああ

すっきりした。

そういや、先月ドゥクフレの公演後、ドゥクフレに絵を描いてもらった。
かばんに。
これはその時の写真。
この絵のポーズをしたドゥクフレの写真もおさめたかったけど、疲れたからいやだと言われた。
ま、この絵で十分。
自慢のバッグ、このバッグをどこかで見かけたら、「ドゥクフレさん、こんにちは、」と声かけてください。

BS JAPN 番組収録

2006年12月16日 土曜日

大緊張の一日。
昨日も記者会見で緊張したけど、
今日は本当に緊張でやばかった。

初めての番組収録。
「どうぞ、森下真樹さんです」
パチパチパチパチ(と、拍手)
から始まり、約1時間くらいトーク。
20人以上のスタッフさんに見守られながらのトークは冷汗大全開。

コメンテータの林マヤマヤさんはやはり素敵な方でした。
2人でCMに出たいです。出ましょう!と言ってお別れさせてもらう。

え~、オンエアは来年1月15日(月)24:00~24:54
BS JAPAN「未来図鑑」です。

どうぞお楽しみに。
ハラハラ、ドキドキ、そしてワクワク。

1時間睡眠で行ったから、ひどい顔だろうな。

<今日の夕食>
きりたんぽ鍋

記者会見IN青森

2006年12月15日 金曜日

日帰りで青森へ。
来年3月の舞踊劇「アレコ」の記者会見。

実行委員会長である市村氏より、
「予算などの関係で、当初予定していたフルスケールとは形が異なるものとなった」と説明。

とにかく、いろいろな事情があり、形が変わったにせよ、
わたしにとってはよい作品をつくることが一番で、専念したい。専念させてもらいます。
主たる構成は以下の通りで、コンペで共同振付をした上月一臣と森下真樹が目玉である第四幕の振付・出演をします。他の幕ではジャッキージョブさんをはじめ、青森出身のダンサーなどが出演。
私たち第四幕では、募集によって集まる30人~40人の青森県民ダンサーも出演。
二人で群舞を振付させていただきます。
作品全体の構成・演出は青森県立美術館芸術監督の長谷川孝治氏。

第一幕「月光のアレコとゼムフィーラ」
第二幕「カーニヴァル」(フィラデルフィア美術館蔵)
第三幕「ある夏の午後の麦畑」
第四幕「サンクトペテルブルグの幻想」

65年前に、ロシア人作家プーシキンの「ジプシー」を原作に、
マルク・シャガール、チャイコフスキー、レオニード・マシーンという偉大な芸術家たちのコラボレーションによってできたバレエ「アレコ」に、同じ時代では存在しなかった私たちが、時代を超えていま、違った形でコラボレーションができるのだ・・・・と勝手にわたし。
贅沢、二度とないチャンス。

特に第四幕は、65年前の初演では触れられなかった「その後のアレコ」の物語が展開。
そう、月ちゃんと私の妄想力で自由にクリエーションでき、踊れるのだ。

原作を私たちなりに解釈し、もう一歩先、いま生きているこの時代を、いま生きている私たちからポロポロ溢れ出てくるものをこの大きい舞台に、シャガールの巨大な背景幕に思いっきりぶつけていきたい。(背景幕ひとつが縦9メートル、横15メートル)

65年という時間は私たちにとってひとつのキー。
また、青森で1ヶ月滞在・クリエーションし、青森で初演するので、ここからでしか生まれてこない「何か」も探していきたい。なにせ、青森のお酒を毎日飲むわけだから、作品に反映しないわけはない。

青森でじっくりたっぷりと時間が持てる、楽しみ。

初演から65年後の舞踊劇「アレコ」は世界的にも注目されているのではないでしょうか?!たくさんの方々に観ていただけると嬉しいです。

<今日の夕食>
青森料理

出会い・再会

2006年12月12日 火曜日

今日はいくつかの会でたくさんの出会い・再会をみる。

イギリスより帰国したての麻由と月ちゃんの出会い、念願のたっちゃんと月ちゃんの出会い、麻由と白井くんの再会、たっちゃんと白井くんの再会、おかぽんと麻由の再会、おかぽんと月ちゃんの再会。

夜からは、千葉大モダンダンス部の裕子先輩の結婚報告口実パーティー。
先輩は素敵なフランス人の旦那さんをゲットしました。
お二人にはパリで大変お世話になりました。

末永くお幸せに。。。

で、このパーティには懐かしすぎる大学時代の友人・知合い・軽く知っている・人見知り合い・知らん
方々がたくさん。
10年近くぶりに会う人も多く、なんだか面白かった。笑える。だってほとんどの人が変わっていないから。きっと私も変わっていないと思われているんだろうな。

みんな元気そうでよかった。

<今日の夕食>
パーティーのごちそう。

<今日のおめでとう>
裕子先輩&フレッド、結婚おめでとうございます。
麻由、無事帰国おめでとう。

アレコれ

2006年12月10日 日曜日

アレコれリハ。
今日は使いたいと思っている1曲が、
いったい何拍子なのか、を、
ひたすら聴く一日。

7と2分の1 拍子。

<今日の夕食>
やっぱお鍋。

クリスマスワークショップ

2006年12月9日 土曜日

やることにしました。

題して、
「クリスマスナイト2006!!」

やっぱり踊るっきゃないでしょ、クリスマスは。
ひとりぼっちのあなた!!私といっしょにクリスましょっっ。。
私もクリスマス、ひとりなんてイヤ・イヤ・イヤ。
だからわざとこの日にしました。
でも、、、人集まるかな。
ひとりになってもやります、ヤリマス、クリスマス。

日時:2006年12月25日(月)18:30~21:30
場所:東京都内未定(室内)
参加費:2000円+300円以内でクリスマスプレゼントをご持参ください。クリスマスプレゼント交換があります。
その他:動きやすい格好で。ワークショップ後忘年会の可能性あり。

お申し込みはホームページお問い合わせページより( http://maki-m.com/mo/toi.html)
「森下クラスへの参加申し込み、問い合わせ」を選択ください。

お会いできるのを楽しみにしています。
楽しいクリスマスになりそう。
お・ど・り・お・さ・め

ちなみに前日イヴには「ラスベガスナイト」あります。

<今日の夕食>
アジのフライ、お鍋。

今日の夕食

2006年12月8日 金曜日

ザ・焼肉大会。

写真撮るの忘れた・・・。

BSインタビュー収録

2006年12月7日 木曜日

BS JAPAN「未来図鑑」という番組に出演することになる。
スタジオでの収録の前にインタビュー収録というのがあり、今日それを稽古場にて行う。
20センチ先のでかいカメラを前にしてインタビューを受ける。

うまく答えられず、バタバタしてしまった。
この調子では、スタジオでのトークも、てんやわんやにちがいない。
かなり落ち込んだ、けど仕方ない、これが私なんだ。。。

番組コメンテーターはあの、マヤマヤこと、林マヤさん。
かなりのキャラクター。食われそうでおもしろそう。

1時間番組中、30分から40分ほど「コンテンポラリーダンサー森下真樹」が特集されるとか?!
これは大変だ。
スタジオ収録は16日。1週間、禁酒しなくては。

あれっ?放送日はいつだっけ?

<今日の夕食>
これ(野菜天丼)とあれ(かぼちゃとかお酒とか)