2006年7月 のアーカイブ

雪の女王うちあげ

2006年7月31日 月曜日

(更新日8/29)

懐石料理屋風の店で雪の女王うちあげをする。
19時スタートだったのに、大遅刻20時に到着。
・・・というのも、明日帰国してしまうテレーザに手作りプレゼントをつくっていて時間がかかってしまったから。雪の女王のチラシにある名場面の写真を切り抜き、缶バッチにして、Tシャツにつけたものをプレゼント。
缶バッチの数、合計27個。失敗ばっかりでなかなかうまくいかず苦労する。
でもなかなかの出来。テレーザも喜んでくれてよかった。

私も欲しくなった。
でももう、つくりたくない。

<今日の夕食>
懐石料理風

<今日の写真>
テレーザと缶バッチTシャツ

トヨタアワード

2006年7月30日 日曜日

(更新日8/29)

雪の女王本番終わって急いで帰京。
トヨタアワード初日は残念ながら観れず、2日目はマコクラの応援しにいく。

マコクラオーディエンス賞、おめでとう!!
マコクラの写真撮るの忘れた。。。。
けど、白井組の写真はちゃっかり撮ったのでアップ。

大金、重そう。。。
大賞おめでとう。

<今日の夕食>
ザ・打ち上げ

<今日の写真>
白井DILLムラキン

<今日のおめでとう>
マコクラ、白井組、更に、粟津君誕生日おめでとう。
なんておめでたい日。

雪の女王、お疲れ様でした。。。

2006年7月29日 土曜日

(更新日8/29)

雪の女王福島公演無事終わり。

今日で東京公演、地方公演全7ステージが終了、お疲れ様でした。(・・・と、自分に言ってみた)

毎回本番15分前にひとつの楽屋にキャストが集まり、「アローラ大会」というものをする。
テンションを高めるための「気のウォームアップ」のようなもの。
今日で最後かと思うと、涙まで出てくる。。。。ぽろっ、ぽろっ、ぽろり。

今度は海外で再演できるといいな。
ちなみに演出家テレーザがイタリア版「雪の女王」をイタリアでつくり、
そのツアーがこの秋から半年くらいかけてはじまるらしい。
キャストはイタリア人、スイス人。
いつかイタリア版と日本版をセットでツアーしたいな。

<今日の夕食>
新幹線の中でお酒と、よっちゃんイカ。

<今日の写真>
雪の女王1ヶ月の間、楽屋で使用した手作りスリッパ

今後のスケジュール

2006年7月25日 火曜日

8月も盛りだくさん!!この夏もあっという間に終わってしまいそう。。。
リンパ腺なんかふっとんでしまえ。

■「小学生のためのダンスワークショップ」8月1日~2日
<三茶であそぼ!!>

自分のからだを使って遊んでみよう。
みんなもビックリ! 自分もビックリ! 新しい世界が見えるかも?!
一緒に遊ぶのは、『雪の女王』(7/15~19世田谷パブリックシアター)に出演の真樹さんと竜也さん。どんなダンスもできちゃう2人は、からだを使って遊ぶ名人なんだ。みんなであそぼ、三茶であそぼ。

日時: 8月1日(火)13:00~16:00
8月2日(水)13:00~17:00

場所: 世田谷パブリックシアター けいこ場
対象: 小学生
定員: 20人
進行役: 森下真樹、楠原竜也
申込締切: 受付終了

【お問い合わせ・お申込み先】
〒154-0004
世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー
世田谷パブリックシアター「夏休みワークショップ」係
Tel.03-5432-1526/Fax.03-5432-1559
[主催]財団法人せたがや文化財団

詳しくはこちら→

http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/workshop/frame.html

■佐世保市にて「森下真樹ダンスワークショップ」8月4日~6日

<プログラム①>
カラダで遊ぶ2日間~ダンス初体験コース~
踊ること、カラダで表現することに興味はあるけど、何から始めたらいいの?コンテンポラリーダンスって、何?・・・という方々、ぜひ参加ください。

日時:2006年8月5日・6日(土・日)午後1時~午後4時
会場:アルカスSASEBOリハーサル室
定員30名(ダンス経験の有無は問いません。2日間連続して参加できる方。)

<プログラム②>
もっと、もっとダンス!の3日間~ダンス実践コース~
ダンスの可能性をもっと知りたい。もっともっとダンスと深く関わりたい。実際に作品を作って、舞台で披露してみたい。・・・という方々、ぜひ参加ください。
日時:2006年8月4日~6日(金~日)午後6時~午後9時
定員30名(ダンスの経験が1年以上あり、3日間連続して参加できる方。)

応募締切:7月23日(日)必着
お申し込み、お問い合わせ先:アルカスSASEBO「ダンスワークショップ」係
TEL:0956-42-1111 主催:財団法人 佐世保地域文化事業財団

■札幌コンカリーニョ、踊り放題ランド August 8月9日~10日

森下真樹ソロ『デビュタント』
今年初『デビュタント』やってみるか。

出演者:北村成美(大阪)、手塚夏子(横浜)、森下真樹(東京)
【日時】2006年8月9日(水)、8月10日(木)開場19:00/開演19:30
【会場】生活支援型文化施設「コンカリーニョ」
【料金】
(一般)前売り 2500 円 / 当日 3000 円
(学生)前売り 1500 円 / 当日 2000 円

※12日、13日は山田せつこ&寺田みさこ

主催: NPO法人コンカリーニョ
お問い合わせ
NPO法人コンカリ−ニョ:
〒063-0811札幌市西区 琴似1条4丁目 2-12
TEL 011-615-4859 FAX 011-615-4866

詳しくはこちら→

http://www.concarino.or.jp/concari/direct/060713_e.htm

9月1日からは、10月25日まで海外ツアーに出かけます。
長いね。

リンパと感謝

2006年7月24日 月曜日

ここのところ、感謝することを忘れている気がする。
そこに至るまでに自分へかけてくれた時間、もっとしっかりと受け止めたい。

昨晩から首のリンパ腺が腫れている。昔から、ちょっと疲れるとよく腫れていた。
この夏もまだまだこれからが本番だし、病院へ行くこととする。
だって、明日、日光へ小旅行だし。

血液検査。
明日、結果が出るらしいが、それまで薬ももらえず、腫れたまま安静。

明日行けますように。。。

<今日の夕食>
栄養バランスのとれた家庭料理
(さばの塩焼き、ささみのガーリック炒め、くらげときゅうりの和え物、我が家で育ったナスの焼きナス、とうふの味噌汁、ごはん)
食欲だけはある。

<今日の写真>
最近、お花の鮮やかな色が気になる。
今日も病院へ向かう途中、グッドタイミング。

ソウルメイト

2006年7月22日 土曜日

テレーザワークショップ2日目、
個々の持っているイメージを外へ出すことが試される。

準備することも大切。でも、その時、その瞬間に感じ、思わずやってしまったことをもっと大切にしたい。

<今日の夕食>
私の出会いや別れについてなめこに聞いてもらう。
なめこにソウルメイトについて教えてもらう。
あぁ、このヒトもソウルメイト。

出会いや別れ

2006年7月21日 金曜日

今日から4日間、演出家テレーザの演劇ワークショップがスタート。
雪の女王のキャストも一般のワークショッパーにまじって参加。
ワークショップは旅で、旅のための準備が必要だ、とテレーザはワークショップ前にたくさんの課題を出す。

今回のワークショップはコッローディ作「ピノッキオ」をモチーフとする。
課題は、
「ピノッキオ」を熟読、
「ピノッキオ」という言葉について関係があると思う絵・写真・イラストなど、
「仙女」という言葉について関係があると思う絵・写真・イラストなどを3つ持ってくる、
伸縮できる鼻を作ってくる、
「変装」をテーマに、服や身につけるものをひとつの鞄に入れて持ってくる、
「死」という言葉と「瑠璃色」という色に関する音楽を持ってくる

・・・というもの。
雪の女王のキャストは1日で準備することとなる。
そういえば、雪の女王のワークショップオーディションでも同じような課題があった。

ひとつの物語を演劇作品へたちあげていくとっかかりは似たようなものかもしれないけど、
ヒトやモノとの出会いによって全く違うものになる。
ヒトやモノとの出会いによってどこまででも変わるのだなぁ。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・変われるのだなぁ。。。
(言いたいことがうまく言えない。)

そんなこんなで、
「あなたはこのワークショップへ何しに来ましたか?」と聞かれ、
「出会いを求めて・・・」
と、とてもクサイことを言ってシマッタ。

いつもの稽古とは違う形でテレーザやキャストと触れ合う時間はちょっと新鮮。

<今日の夕食>
私の出会いや別れについてソウルメイトにたっぷり聞いてもらう。
少し元気がでる。

東京公演無事おわり

2006年7月19日 水曜日

昨日、今日と貸切公演となる。
世田谷区のいくつかの小学校1年~6年生、ご父兄、先生など、
たくさんの方々に観ていただく。

朝10:30公演なんてはじめて。
からだどころかあたまもはたらかない状態で、劇場へ向かう。8:30入り。

ぬき稽古をした後、急いでメイクやトイレや気合を入れるためのアローラタイムなんかしているとあっという間に開演時間となる。
暗転になる寸前、「あ~ぁ、ご飯食べるタイミングを失ったなぁ」と、おいしいベーグルが頭をよぎる。

けど、暗転になった瞬間、ちびっこたちが大騒ぎ、拍手がおこった。
ベーグルどころではない。
なんじゃこりゃ?!びっくりしたけど、なんだかものすごくテンションあがってきた。

その結果、
血湧き肉躍った。

東京公演は今日で終わり。
「雪の女王」にかけてきた時間、エネルギー、たくさんの出会い、
これらをかみしめてラスト福島公演にのぞみたい。

ひとつの公演にはたくさんの出会いがあったことをいつも終わったあとに思う。
いままでにどれだけたくさんの出会いや別れを繰り返してきただろう。

やっぱり出会いがあると別れがあるのだな。
私はこの東京公演中に、大切な人との別れを選んでしまった。
くよくよしている場合じゃない、
外へ向かってゆっくり突っ走っていこう、
大切な人のために、自分のために。

<今日の夕食>
暴飲暴食

<差し入れ>
東京公演、たくさんの差し入れありがとうございました。
カステラ、チーズ、ドラ焼き、おせんべい、花束、ワイン、オリーブオイル他、
おいしくいただきました。

<今日の写真>
雪の女王キャスト5人(斐紗子さんが残念ながらいません)
左から理恵、たっちゃん、真理子、原田さん、真樹
もちろん、三茶駅の柱に貼ってある巨大ポスターの前で。
素敵なメンバーとめぐりあえました。

東京3日目

2006年7月17日 月曜日

(更新、遅くなっちゃった・・・)

東京3日目、たっくさんの方々に観に来ていただきました。
ありがとうございます。

毎回、お客様は変わるし、反応も違ってくる。
今日はまた昨日とは違ったエネルギーが働き、違う質を楽しむことができた感じ。

<今日のメモ>
スイッチひとつで変身できる快感

<今日の夕食>
白レバー(じゅるじゅる)

<今日のおめでとう>
林さん、誕生日おめでとう。私ももうすぐ追いつくよ。

<今日の写真>
引き続き、人生最大の修羅場をむかえる
お花の写真で落ち着こう。

東京2日目

2006年7月16日 日曜日

雪の女王、2日目、お越しいただきましてありがとうございます。
たくさんの方々に来ていただきとても嬉しいです。

18日、19日は貸切公演となりますので、一般の方々に観ていただけるのは
明日17日が最終日となります。
この機会をお見逃しなく、
ぜひ、少年少女の心を持ってお越しくださいませ。

終演後、ロビーに挨拶に参りますので、お声をおかけください。

<今日のメモ>
空間を支配する
ひらかれた演技
楽しむ
違う質を加える
ビバーチェ

<今日の夕食>
パスタやピザ、ビールやシャンパン、青カビや白カビ