2006年3月 のアーカイブ

フルーティへようこそ

2006年3月31日 金曜日

今日は4月10日フルーティ2ndライブの為の練習。
今回は山さんがバイオリンで初参加。
私が昨年松戸でワークショップをした時に山さんと出会う。
家 でウサギを放し飼いしているという山さんは、幼い時からバイオリンを学び、学生時にはスペイン圏へ留学をし、薬剤師の免許も持っているスーパーウーマン。 また、クラゲやキノコが好きで、育てているキノコにカビが生える度に携帯写真を送ってくるというちょっと風変わりウーマンでもある。

今回は、前回の、
粟津裕介×田中康範×森下愛×西山亮磨×森下真樹
に加えて、山ゆう子の6フルーツによるライブ!!
お見逃しなく!!
う~ん、山さんはいちじくかな。

<今日の夕食>
忘れた。

イタリア+αツアー

2006年3月30日 木曜日

今日は、9月にあるイタリアツアーの打ち合わせ。
ソロで路上パフォーマンスや劇場での公演ができるので楽しみ。
しかもイタリアで数ヶ所、ひょっとするとフランス、もうひとこえしてベルギーへ行けるかもしれない。

私は語学力不足なので、どうにかして力をつけたい。
どなたか英会話レッスンしてください、マンツーマンで。
私のダンスレッスンと引換えにどうですか?

<今日の夕食>
アレコの打ち上げを焼肉屋で。
たくさんの肉と、マッコリで幸せに。

桜満開

2006年3月29日 水曜日

ひとだんらくした今、東京は桜満開ということに気づいた。
桜の下で酒飲むにはちょっとまだ寒いなぁ・・・と思いながら代々木公園へひとり桜を見に行く。
そのままぶらぶらしていたら表参道ヒルズに着いてしまった。
表参道ヒルズに5分もいないうちに、その裏の住宅街の方が気になって、そのまま奥へ奥へ、住宅街の奥へ歩く。
一歩出ると大通り、一歩入ると閑静な住宅街・・・そのギャップが大好きで、私は大都会の住宅街巡りが大好きでならない。(豪邸巡りも好き)ちょっと変なのかもしれない。
よく地図帳片手に東京巡りをする。

帰ってから今日巡った場所を地図帳で復習する。

春の風にようやく今日、あたった気がする。

<今日の夕食>
シャケごはん。

現代版「アレコ」フルスケール

2006年3月28日 火曜日

と、いうわけでコンペ勝ち取ったので
現代版「アレコ」フルスケールをつくり青森県立美術館で公演することになる。
おそらく今年の秋から冬のどこかで。

青森県が購入した1点5億円のシャガールの絵3点、5億×3=15億 の前で踊ることになる。
しかもこの絵、信じられない大きさ。
1枚で縦9メートル、幅15メートルにもおよぶ巨大な背景幕。
絵に負けてしまいそう・・・・。絵とのコラボレーション。

コラボレーションといえば、
こ の「アレコ」とは、1942年、レオニード・マシーンの振付により、アメリカン・バレエ・シアターによって初演されたバレエ作品で、原作はプーシキンの叙 事詩(ジプシー)、音楽はチャイコフスキーのピアノ三重奏曲イ短調。舞台美術は当時アメリカに亡命していたシャガールが担当し、そこでこの巨大な背景画が 生まれた。

プーシキン×チャイコフスキー×シャガール×マシーン、このコラボは凄すぎる。

現代版「アレコ」も負けぬようにしたい。
お楽しみに・・・・。

青森県立美術館は今年の7月13日に開館。
巨大な白い建物は、縄文時代の巨大集落遺跡である三内丸山遺跡の隣にあり、
遺跡の発掘現場のような「土の大きな溝(トレンチ)」に「凹凸の白い構造体」をかぶせるという大胆な発想で設計されているそう。
中は迷路のようで、もちろん何回も迷子になり、本番後もなかなか楽屋へ戻ることができず。
奈良美智の作品『大きな犬』は、半分雪に埋もれ哀愁漂い、何時間でも見ていられる。
そして、シャガールの絵は美術館のシンボル的作品。

これは見に行くっきゃない!!
現代版「アレコ」に合わせてぜひお越しくださいませ。(ちょっと気が早い?)

ほら、こんなにおいしいウニイクラ丼もあるし。

「アレコ」国際ダンス・コンペティション結果

2006年3月27日 月曜日

ただいまぁ~。
青森から無事に戻って参りました。
そ、そ、そして、な、な、なんと、
青森県立美術館での「アレコ」コンペ、勝ち取りました!!
やりました!!!

白井は体調不良のため参加できず。
白井とはしばらく稽古ができておらず、作品が完成していない状態、焦る。
おまけに前日までひとりJADE。JADE本番を終え、打ち上げる間もなく翌日の青森出発まで徹夜し作品を練り込む。青森到着し、本番までの4時間で作品を完成させる。
逆境、底力。上月一臣・森下真樹共同振付で直前まであきらめず、ねばる、ねばる。

まさか勝ち取るとは思いもせず、いや、でもやるからには勝ち取りたい・・・という思いで本番に臨む。
こんなスリリングな舞台はなかなかない。

本番までの焦り、プレッシャー、窮屈な思いが、本番舞台にたった瞬間開放されて、はじめて自由に。
それまでの月ちゃんとのイメトレ、呼吸が、本番で最大限に生きる。

最後のラフマニノフの曲で興奮は最高潮に達し、涙を流しながら死に伏せる・・・。

棄権の選択肢もあった今回のコンペ「アレコ」、
月ちゃん、わたしとお互いの力を信じてやりきることができたこと嬉しく思う。

たくさんの方に支えられました、この場をかりてお礼申し上げます。
主催者の方、スタッフの方、マネージャーにいろいろとご迷惑をおかけし、また、トラブルなどもありましたが一緒になって直前まであきらめず、ねばっていただきました。
気持ちよく本番をむかえられたこと、最高のパフォーマンスができたと、皆様に感謝いたします。
そして観に来ていただいたたくさんの青森県のお客様、貴重な審査員からの言葉、本当にありがとうございました。

何より月ちゃん、よく頑張りました。ありがとう。お疲れ様でした。
秋、フルスケール、頑張りましょう!!

海 外からはイスラエルよりShlomi BITTON(シュロミ・ビトン)、ベルギーよりSidi Larbi CHERKAOUI(シディ・ラルビ・シェルカウィ)&Damien JALET(ダミアン・ジャレ)、南アフリカよりJacki JOB(ジャッキー・ジョブ)の3名の振付家が参加。
勝ち取ったのはSidi Larbi CHERKAOUI(シディ・ラルビ・シェルカウィ)&Damien JALET(ダミアン・ジャレ)。

参考までに
シャガールの「アレコ」を背景として、プーシキンの詩「ジプシー」の物語を、いかに我々の現代社会の物語として再解釈し、コンテンポラリーダンスとして表現しているか・・・のコンペでした。

<今日の夕食>
打ち上げ&打ち上げで青森の美味しいお酒(田酒、菊駒)と魚料理。
「今日は菊駒一升瓶を抱えて朝まで飲みます」なんてコメントしておきながら、名刺入れを便器に落とすわ、記憶が途絶えるわ、気づいたら宿にいるわで、大暴れてんやわんやだったそうな。

青森アレコ

2006年3月25日 土曜日

JADE「男振り」は2日目も初日と同じで演目変更させていただきました。
また白井とのデュオを楽しみに待っていてください。

打ち上げ参加できず、青森の準備&準備。
青森でのコンペ作品「アレコ」は白井が出演しないバージョンを用意。

では今から青森本番行って参ります。

本日のJADE

2006年3月23日 木曜日

本日JADE「男振り」へお越しいただきましたお客様、ありがとうございました。
そして白井剛急病の為、白井剛振付作品「peel slowly and see」が上演できなくなったことをお詫び申し上げます。大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

代わって急遽(今日決まりました)わたくし森下真樹作品「東京コシツ」を上演することになりました。
「男振り」と言っておきながら「女振り」仲間入りできるのはとても貴重な体験でしたが、やはり私にとっても時間をかけ白井とともに稽古を重ねてきましたので残念でなりません。
いつかこの作品を上演できることを楽しみにしています。
そしてまずは白井君の回復を願っています。

ザ・リベンジです。

今回のためにたくさんの方にご迷惑、お世話になり、ありがとうございました。
皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

森下真樹

女王の教室VS雪の女王

2006年3月17日 金曜日

今日はテレビで昨年夏に話題だった「女王の教室」をやっていたらしい。
これに対抗して私も「雪の女王」を久々にやってみた。
と言っても久しぶりに台本を開いて、少ない女王の台詞を復習したくらい。

今年も夏にお芝居「雪の女王」再演が決まっているので、台詞を忘れないようにしなきゃならない。たぶん台詞も変わると思うけど。
「雪の女王」再演情報については、まだきちんと公開されていないので、公開されたら改めて詳細をご案内いたします。もう少々お待ちくださいませ。今から楽しみでなりません。

それと、秋にイタリア他でソロパフォーマンスができることが、昨日決定し、こちらも今から楽しみでなりません。ジプシー下マキのこころのふるさと。

どちらもぜひ観に来ていただきたいと思います。

『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER』

2006年3月16日 木曜日

今日はちょっと遅れのホワイトデー2。あんみつをいただいた。
浅草の梅園のあんみつ、稽古後の空腹にしみこむしみこむしみこむ。

と、いうわけで
今日はあんみつの原材料名を。
寒天、小豆、赤えんどう豆、あんず、みかん、砂糖、食塩、水飴、餅粉、澱粉(でんぷん)、酵素、乳化剤、着色料(赤3、赤105)
(原材料の一部に大豆、乳を含む)

はっきり言っておいしかった。原材料からみてもわかるでしょう。
______________________

さて、待ちに待った乗越たかお著『コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER』手元に届きました。
わたくしも紹介されています。
しかも、私のラッキーナンバーの連続、222ページに。
これはみるっきゃない。

「これを読まなきゃ、モグリです。」・・・・らしい。
(世界の超有名ダンサー&カンパニーから、現在注目の若手までを徹底網羅。
コンテンポラリー・ダンスの全体像を知るための必読書。)

→ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861820707/mturbo-22?creative=1615&camp=243&adid=0QQFNW5RBP201ZC0R3XA&link_code=as1

ぜひみてみて。

<今日の夕食>
豚汁、チーズバーガー、そしてあんみつ。

満月みて泣く

2006年3月15日 水曜日

あははははははは、
あははははははは、

もう笑うっきゃない。
せっかくの最高の満月だから、悲しいことも笑うっきゃない。

<今日の夕食>
ツナトマトパスタ、オリーブ、もちろんキャベツの味噌汁。